WordPressテーマ編集(エディタ)プラグインのリスト

WordPressサイトの「外観」⇒「テーマ編集」で、サイトテーマを直接編集するときにデフォルトの編集画面だと、コードの行表示がない、PHPのコードとHTMLタグの表示色が同じで、ページ内容を把握するのにわかりにくいこともあると思います。

そこで、サイトテーマを直接編集するときの助けになるだろうテーマ編集プラグインをいくつか紹介します。

※紹介したプラグインは、管理画面のプラグインページより(検索して)ダウンロードできます。

Advanced Code Editor
インストールしたら、特に設定も必要なく使えます。エディタ表示では、色分けしたコード表示や、いくつかの表示タイプを選ぶことができ、さらに検索機能やファイルやディレクトリ作成、テーマとファイルのダウンロードなどの機能があります。

WP Editarea
インストール後に、WP Editareaプラグインの設定、またはダッシュボードの「設定」からプラグインが使用できるように設定が必要です。

設定は、下の画像のように設定します。
「WP Editarea Enable」にチェックを入れる。
「Language」を「ja」にする。
最後に「Update Settings」ボタンを押して設定完了です。

設定後、「テーマ編集」ページに移動すると編集画面が下の画像表示のようになり、検索機能のほか、表示に関しての設定ができるようになります。

WP Code Editor Plus
インストールしたら、特に設定も必要なく使えます。
ポップアップ形式でエディタなどが表示されます。

Code Editor
インストール後は、設定することなくすぐに使えます。
シンプルなテーマ編集ページですが、行表示やコードの色分けがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です