投稿記事、個別ページの個々にJavaScriptを設定できる「Specific CSS/JS for Posts and Pages」プラグイン

WordPressでJavascriptを実行する場合、bodyタグに書く方法やテーマを編集して書くという方法もありますが、「Specific CSS/JS for Posts and Pages」を利用すると、head部分にスクリプトコードを挿入してくれたり、Javascriptファイルを指定することが出来ます。

インストールし有効化した後、「新規投稿」「新規ページ」画面の下に以下のような表示が現れます(新規以外の作成した投稿やページにも現れます)。

SpecificCSSJS

上記の「URL of the custom Javascript file」にjsファイルを指定すると外部のファイルを使うことが出来、また「Write here custom CSS or Javascript for this entry, it will be added within tags」の文章下のところには、CSSやJavascriptコードを書くことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です