リフォームするための家族の話し合いで意識すること考慮すること

スポンサードリンク

n1247019853

家族でリフォームの話をしていると家のどこを直してどのようにしたいのか、どこが今問題なのかなどの話をしていくはずです。その話をもとにリフォーム業者に相談をしていくことでしょう。

ただし、建築会社(リフォーム業者)に話をする前に、現在の家のどこが問題でどのように改善したいのか目的をはっきりさせることが大事です。それをしないと後で後悔する原因になります。

リフォーム計画段階での話し合いで気を付けること

家の問題点・改善点を把握する

住んでいる家も時間の経過とともに古くなり傷んだり使い勝手が悪くなったりしていくものです。そこでリフォームを考えるわけですが、その時点で直したい箇所だけしか見ていないかのうせいがります。

その状態でリフォームしたとき、後で違う場所の問題点を発見して後悔することも考えられます。

そういった失敗をしないためにリフォームするにあたり改めて家全体を見て回ることが重要です。それによって気が付かなった改善したほうが良い箇所を洗い出すことができます。

当初の目的を見失ってしまうこと

家の問題点や改善したい(直したい)箇所を「きっかけ」に家のリフォームを計画していくはずです。

しかし、その「きっかけ」をもとにリフォームの話をしていく中で、段々と当初の目的から外れて違う部分のリフォームをする話になることがあります。

直したいところの優先順位

リフォームの事で家の改善したいところや直したいところの話をしていくと、あれもこれもと直したい・改善したい箇所が増えていくことだと思います。

しかし、 リフォームをするにもそれなりの費用が掛かるので、もし直したいところが増えた場合は、予算を考えて直したいところの優先順位をつけてることが必要です。

将来のことを考慮する

リフォームの規模にもよりますが、過去から今の生活と今から将来に向けての生活を考えたうえで、将来の家族環境や体のことを含めた未来を意識することも重要です。

予算のこともありますが、住んでいる人の年齢も経ていく中で 現状の問題点だけのリフォームで良いのか、老後やそのあとのこと(家族構成など)も考慮したリフォームをした方が良いのか検討出来るならした方が良いです。

最後にまとめとして

リフォームの計画や話し合いをしていく中で、改善したい箇所や希望などをメモに書いていくと論点が整理しやすく考えがまとまりやすいです。

また建築会社の人と話をする時も頭で考えるとだけですと忘れてしまう可能性があります。そこでメモがあると伝えたいことキチンと忘れずに言うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です