他のサイトへリダイレクトする「WP Domain Redirect」の使用は気を付けよう

現在のドメインから他へドメインを含めて変更・移動させたときなど、リダイレクトを使うと新しいドメインへユーザーを移動させて表示することができます。

そのリダイレクト設定ができるプラグインもWordPressにあるのですが、その中で「WP Domain Redirect」というプラグインを使うときは、気を付ける必要があります。

WP Domain Redirecを使うときに注意すること

このプラグインを使うときに気を付けることは、ドメインをリダイレクト先のURLに設定すると「ダッシュボード画面」も含めてサイトにアクセスできなくなります。

設定した瞬間に設定先のURLにリダイレクトされるので元のサイトにアクセスすることが一応できなくなるので設定する際には気を付けてください。

設定を戻すには、プラグインを削除することでリダイレクトされなくなりますが、再度インストールをして有効にすると、その瞬間以前設定したリダイレクト先のURLにリダイレクトされます。

WP Domain Redirectの使い方・設定方法

使用することはないと思いますが、一応使い方の説明をします。
ダウンロード:WP Domain Redirect

プラグインをダウンロードして有効化した後、ダッシュボード画面の左サイドバーに「Domain Redirect」が追加されます。

そこから設定したドメインリストを表示する「List of Domain」ページとリダイレクトするURLを設定できる「Add Domain」ページに移動できます。

リダイレクトの設定ページは、下の画像にあるように「Country」欄に国を設定、「Domain」欄にリダイレクト先のURLを設定します。

wp-domain-redirect

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です