増改築で引越しを伴うときに事前にすること

スポンサードリンク

a0001_015916_m

増改築をするとき、一時的に家を出て仮に住まいに住まなければいけない場合もあります。このような場合、増改築をする前に事前の準備が必要になります。

増改築に伴う引越しの事前手続きと準備

部屋を借りる

家を出るにあたり仮の住まいが必要になります。そこで、賃貸物件事前に探して手続きをする必要があります。また期間限定なので、そのことも借りるときに伝えます。

電話の移設

固定電話がある場合、一時的に使用をやめる場合はそのままでいいのですが、引越し先で使用する場合は、使えるように電話の移設をする必要があります。ただし引越し先によっては電話番号が変わることもありますので注意が必要です。

郵便物の転送

仮の住まいが決まったら、郵便局に仮に住まいへ郵便物が届くように転送手続(転居届)をします。郵便受けの設置場所によっては、転送手続をせずに増改築中の家に郵便物を取りに行くこともできる場合もありますが、変更するのが無難だと思います。

新聞の住所変更

借りの住まいの場所へ新聞が届くように住所変更が必要です。また住まいによっては、一時停止ということも考えられます。

ネットの移設

ネットの移設は、ある程度前もってプロバイダーに問い合わせをして準備をしておかないと使えない期間が長くなる可能性があります。また再度移設するときも同じように前もって手続きが必要です。

段ボールの用意

仮の住まいで生活をするために必要なものを持っていくのに段ボールがあると便利です。また増改築する家は、一時的にある程度物がない状態にしておく必要もあるので、荷物をまとめておくのに段ボールが重宝します。

電気・ガス・水道・その他

増改築する家の電気・ガス・水道は、基本そのままだと思います。仮の住まいである引越し先の電気・ガス・水道は、引越しする日に使用できるようにしておきます。これは、貸主が手配すると思いますが、そうでない場合は自ら事前に準備します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です