増改築をする前に細かいけれど考えておくと良いこと

スポンサードリンク

house-294594_640

実際に増改築をしてみて思ったことや気が付いたことが多々あります。その中から「これは考えから抜けてていたな」と思ったことをいくつか書きます。

階段の照明

手が届かない位置にある照明は、使用時間も短くあまり使うこともないのです。しかし、はしごをかけないと触ることができない天井にあるので永久に交換しないでもいいようなLEDにしておけばよかったのではないかと思いました。

業者さんもどのような照明にするか確認せずに従来の蛍光灯を取り付けてしまったので後で気が付きました。

電気のスイッチの位置

増改築をすると玄関など照明の電気のスイッチに位置が変更される場合があるようです。また、照明の明るさも使用する蛍光灯によって違いますが、業者さんが普段使っているであろう明るさの物を使うので、事前に話し合いをしておく必要があると思いました。

ガラスの透明度

外から見て中が見えないようにしたい場所もあるわけなんですが、事前に言わないとトイレ以外の窓ガラスは全て外から見ようと思ったら見えてしまうガラスを使うようです。

場所によっては擦りガラス使用して欲しいところもあるので、そのような場所がある場合、価格のこともあるので事前に業者さんに話し合いをしていくことが必要です。

物の収納スペース

増改築の内容にもよりますが、収納するものの量とそれを収める収納スペースを考えておかないと、増改築が終わった後で収納スペースが足りたいとなる可能性もあります。

ゴミ箱を置く場所

増改築をする時、ゴミ箱以外の物の置く位置だけ考えていてゴミ箱をどこに置いたらいいのか迷ってしまうことも考えられます。また、ゴミ箱を置くために他の物の位置を変更する必要が出る場合もあるので、頭の片隅に入れておくと良いと思います。

冷蔵庫の位置と収納する場所の作り

業者さんのいう通りにキッチンの隣に壁を作ってコの字型の所に冷蔵庫を収納する作りになったのですが、冷蔵庫の高さを抑えた横に広いタイプの冷蔵庫もあるので、もし将来それを買った場合入らないのではないかと思ったので事前に調べておくと良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です