経験したことが書けないときは、形式に毒されているかもしれない

文章を書くのは難しいです。何かを修理した、何かを作った、旅行した、いろいろ経験をしたり行動をするわけですが、それを記事にしようとすると書けないことが多いんです。

書けないというよりも記事の形式を先に考えてしまうことで書けなくなっていると思います。

日記として「あれこれこうしました」の形ですと文章を書くことはできるのですが、ブログにするとなるとテーマやお題があって、それを考えて上で書こうとしてしまうのでなおさら書けなくなってしまいます。

たまに目にする「○○すると良いこと」や「○○のために必要なこと」など、よくあるキャッチコピー的なタイトルとテーマに沿った内容、それに毒されつつあるんでしょう。

それを打破するために、気が付かないうちに意識してしまっている「ブログはこのように書く」みたいなスタイルを忘れるようにして書き出してみると思った以上に進まなかった文章が進むようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です