AFP認定者に登録期限があるけど登録するべきか

スポンサードリンク

通常2級FP技能士を受験する過程でAFP認定研修も終了しているはずなので、2級FP技能士に合格するとAFP登録の案内が届きAFP登録することができます。

AFP登録期限

AFP登録をするには、以下の条件のうち遅い日の翌々年度末までという期限があります。

  • 2級FP技能士検定試験に合格した試験日
  • AFP認定研修の終了日

この登録できる期間を過ぎると登録することができません。
※ただし期間が過ぎても再度2級FP技能検定試験に合格したり、AFP認定研修を修了すると登録できるようになります。

AFP登録の費用と維持に必要なこと

AFP登録をするのにお金が掛かり、その費用は現在以下のようになっています。

  • 入会金1万円
  • 年会費1万2千円

AFPの資格を維持するのには、AFPに登録することと、2年間で継続教育により15単位を取らなければいけません。

AFP登録するべきか

仕事で資格があるほうが良い場合は、登録するべきなんでしょうけど、そうではない場合、AFP登録するべきか迷ってしまうことだと思います。

登録することのメリットは、AFP認定者になりますし継続教育によって知識の維持や向上もできます。さらにCFP試験を受けるときにも必要な資格です。

しかし、AFP資格を維持するには、毎年年会費を払う必要もあり、また単位を取得する必要があるので、全く資格を使わない必要としないなら登録をしないほうが良いのかもしれません。

ただし、FP2級の資格を取得しても全く使わない知識と技能は忘れていくのは間違いないので、知識の維持や向上を目指すならモチベーションの維持は必要だと思うので、登録することで学習に迫られたり情報に触れていく機会を得ることができるメリットはあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です