歯周病対策に「歯科用デントウェル」歯ブラシを使用した感想

スポンサードリンク

新しい歯ブラシを買いに行くと目にとまった歯周病専門医が設計したという「歯科用デントウェル」という歯ブラシが目にとまり、いつも使用しているデンターシステマを買うつもりが、この歯ブラシを買ってしまいました。

そこで、「歯科用デントウェル」の使用した感想などを書きます。

haburashi

歯科用デントウェルの見比べ、使用感

ブラシの毛先

いつも使用しているデンターシステマは、毛先が細く、下がった歯茎の奥まで届くような磨き心地があります。そこで、歯科用デントウェルの毛先を確認すると見た目はデンターシステマのような細さに感じました。

ブラシの密集度

デンターシステマに比べて、見た目ブラシの毛が多い気がします。ブラシがいくつか集まっている1つの塊に厚みを感じる作りになっています。

使用した感想

デンターシステマの使用感は、歯茎の奥に届くような感じで歯垢を落とす感じで毛先が細い分、歯と歯の間の隙間に入って汚れを取る使用感があります。それに比べてデントウェルは、デンターシステマほどではないのですが、歯と歯の間の汚れに届く感覚はあります。

また、デンターシステマに場合、歯の表面の接するブラシの数が少ないような感覚で、舌で触れてざらざらしたのがなくなるまで磨くのに時間がかかるのですが、デントウェルの場合、歯の表面に当たる・密着する感覚はデンターシステマより大きい感触があり、実際に歯の表面のザラザラが落ちやすいです。

まとめ

歯と歯の間の奥に届くのは、デンターシステマ。
歯の表面の汚れが落ちやすいのは、デントウェル。

haburashi1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です