ブログの文章は普段話す言葉のように書くと書きやすい

文章を書くのは難しいです。頭では、わずかな時間で書きたいことと内容ができていて、実際に書いていくと躓いてしまいます。

WordPressのテクニックやプラグインを紹介する記事と違い、自分が思ったことや考えたことを書くことをしていなかったせいか、そのような考えたことや感じたことを文章にして表現しようとすると書くのに一苦労します。

文章を書くのに躓いたり時間がかかる要因は、色々ありますけれど、その1つに普段使わない言葉の使い方や丁寧な書き方をすることがその要因の1つです。

これは、自分の頭で思っている単語やフレーズ、また接続するための言葉などを書きながらブログ記事の文章のために別の言葉に頭で意識的にしろ無意識にしろ置き換えながら、文章を作成していることに原因があります。

この置き換える作業などは、文章を書く力をつけていくと思いますので必要な訓練だと思います。

しかし、文章を書き始めた時の最初は、上手く書こうとして文章の構成や「断定した書き方をしたほうがいいのか」「文章と文章の繋ぐ言葉は何を使うのか」など書きたいこと以外の文章の要素にエネルギーを使ってしまい書けなくなることもあります。

そこで、1つでも書きたいこと(主張したいこと)以外の要素に使うエネルギーを減らすことで文章を書きやすくなります。その方法の1つとして、普段使うような感じで文章を書いていくことです。

この普段使う言葉というと語弊がありますが、知り合いの人に向かって自分が話をしながら説明をしていくようなイメージで文章を書いていくとスムーズに文章を書いていきやすいと思います。

ただし、完璧な文章にはならないと思いますし、読み返すとおかしなところも出てくると思いますが、それは書いた後に直していくといいんです。まずは、書くのを途中で断念するよりも書きたいことを文章にしていくことが記事を書くためには必要なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です