捨てアドを使うことで迷惑メールをもとから絶つ

一般的に、メールやメールマガジンを読むためにメールアドレスの登録が必要になりますが、登録の時に普段使うメールアドレスを使うのは避けた方が良いです。

私も以前、特に考えもせずに多数のメールマガジンや情報を読みたいのでメール登録したことがあり、登録前までは迷惑メールが来なかったのが、登録してから迷惑メールが毎日届くようになりました。

まぐまぐのようにメールマガジン発行者にメールアドレスが知られないようなクッションの役目をするサービスでは安全度が高いと思いますが、怪しい会社や個人が運営しているようなところで知られたくないメールアドレスを使うのは避けるべきです。

例えば、情報を知りたければメールアドレスの登録が必要になるケースで、いわゆる情報商材で無料の情報を提供するといいつつメールアドレスの登録が必要なケースで、特に情報提供者に直接メールアドレスが知れてしまうことが想定される場合です。

またサイトのサービスの利用で気軽に大事なメールアドレスは使わないようにすることも大事です。

捨てれるメールアドレスを使用する

重要でないメールを受信するのに、よくあるプロバイダー系のメールアドレスで無料で取得して使う方法も考えられますが、捨てアド用にメールアドレスを取得できるサービスもあるので、それを利用する方法もあります。

捨てアドメールのリスト

捨てアド系は、メールの有効期限など制限事項がありますので、使用する際には内容をよく確認することと重要なメールには使用しないことです。

Yahooメールのセーフティーアドレスを使う

ヤフーメールのように使用しているメールアドレスとは別にセーフティアドレスという仕組みを利用する方法で、一か所でメールを管理できる利点があります。

使い方は、Yahooメールにログインして、「メールオプション」ページから「セーフティアドレス」ページを開きます。

yahoomail-option

「セーフティーアドレス」ページでは、ペンネームを作成して、それをもとにキーワードを追加することでメールアドレスが作成できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です