ニッチじゃないジャンルは長期の視点でみると大きいアクセス数を得る見込みあり!

ニッチというと特定の狭い範囲や隙間市場を指しますが、ライバルが少ないことを見越してブログでも同じようにニッチなジャンルのサイトにしてアクセスを得ようと考える人もいることだと思います。

また、ライバルがいても趣味や興味があることをブログの記事にして、ニッチなジャンルでブログを作成して成長させてアクセスを得ようと考える方もいると思います。

ここで、「良い記事を書けばアクセスはついてくるだろう」と考え、また「検索でも上位に表示される記事が増えれば大きいアクセスがあるだろう」と思っていても実際にはニッチはニッチのアクセスしか得られません。

仮に、ニッチと呼ばれる需要の少ない分野で指折りのサイトに成長したとしても、ニッチはニッチのアクセスしか期待できないんです。

アクセス数を多く得られるようなサイトにしたいと本当に思うなら、需要が多いジャンルの記事を書くほうが長期的に見てアクセス数を多く得ることができる可能性が高いんです。

例えば、極端な例ですけれど、ニッチなジャンルとして「爪切り」のことを題材にしたサイトを作成するよりも「食べ物」を題材にしたブログの方があきらかに需要が多く長期的に見てもアクセス数を大きく得る可能性がかなり高いはずです。

ここで、全くアクセス数を気にしないならニッチなジャンルのサイトを作るのは良いと思いますが、アクセスが欲しいサイトを作りたいなら重要の多いサイトを作成したほうが良いということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です