歯茎の奥に隠れている歯石をとらないと治らない歯周病

スポンサードリンク

これまで、いくつかの歯科医に通ったことがあるのですが、歯周病に関しては歯科医任せでは治らないと思っています。こういうと、自分で毎日歯磨きを丁寧にして自助努力が大事という話を書くのかなと思うかもしれませんが、ここで書きたいのはそのような話とは違います。

一般的に歯医者に行くとき、虫歯か歯周病のどちらかの治療目的で通うことだと思いますが、多くの歯医者は虫歯治療しか詳しくないんじゃないかと思っているんですよね。それは、過去の経験から強くそう感じています。

私の場合、虫歯になりませんけど、歯周病だけ進行していくタイプのようで・・・よく歯がきれいですねと言われていましたが、いや歯はいいけど歯茎がおかしいんじゃないかと自分では思っていました。

歯周病(だけ)がすごく進行している場合に行く歯医者について

たいていの場合、歯周病の治療で歯医者に行くと、歯磨きの話や歯石の除去、歯のクリーニングなどをしていくことだと思います。これはこれですごく大事なんですが・・・しかし、ほとんどの歯医者は、歯石の上辺だけとります(助手か衛生士?がします)。

ですが、歯周病が進行している場合、歯茎の奥に隠れた歯石がいっぱいあるんです。それをとる治療をする歯医者がほぼいません。それで、私は、本当の歯周病専門医がほぼいないのではないかと思っています。

そういうわけで、なんとか数年前に歯茎の奥に隠れた歯石を取る歯医者をやっと探して治療してもらいした。

実は、その歯科医に行く前に歯茎から膿が出るので、2箇所歯科医に通ったのですが、何回か通い治療を終え自宅で問題の箇所を手で押すと膿が出るという経験をしていました。そこで鏡で歯茎の奥を物を使って見てみると黒いのが見える感じなんです(説明が難しい)。

そういう経験から、歯周病をキチンと治療をする歯医者を探したしだいです。

歯茎の奥にある歯石を除去する歯医者

やっと探して通った歯医者の歯周病治療は、従来の治療法とは全然違いました。歯石を取るのに歯茎に麻酔をかけ、何回かに分けて麻酔と歯石除去としていく治療でして、その歯科医で治療した結果、膿が出なくなりました。そのあとも菌を殺すなどの塗ったりとかありましたね・・・

この治療法、気になったので調べたのですが、特別名前があるわけじゃないようです。

参考までに

歯医者さん自身がホームページを開設しているところが多いのでよく見てから通うことをおすすめします。

それとインフォームドコンセプトというのがありますけど、そういう説明をして治らなかった歯医者があるので、そういうことを言う歯医者と、腕は別物だと思いましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です