書いた記事をすぐに公開せずに保留しておくと良い

ブログの投稿記事を書いてすぐに公開することは、情報を早く公開することによる利点があるので良いことです。

例えば話題の事を誰よりも早く記事にして書くと早い分だけ多くの人に記事を見てもらえる可能性が高いですし、また情報により書いたときと公開する日が違うとなると、その情報自体が使えなくなる可能性もあるので記事の鮮度が高い状態で公開したほうが良いんです。

また記事を探している、また読むユーザー視点からみると早く情報を得ることができるので、解決したいこと(解決できなくてモヤモヤしてる心の問題や技術的な問題)などの問題を早く解決すること出来るかもしれません。

記事をすぐに公開しないほうが良い理由

上記の理由から書き上げた記事をすぐに公開したほうが良いのですが、それよりも書いた記事をすぐに公開せずに一旦間をおいてから公開するほうが良いと思っています。

理由は、記事を書き上げたあとに大なり小なり達成感があることや脳が疲れている可能性があります。その状態で書いた記事を読み返しすと「それなりの内容になっているな」と思うわけです。

ですが、少し時間をおいて後で記事を読み返してみると、「あれ~何かおかしいな」ということもよくあります。

最後まで記事を書き上げた直後には、誤字や脱字もなく、また構成的にも(それなりに)完璧だったはずの記事なのに、時間を空けて読み直すと誤字や脱字があったり構成が悪かったり、また文章に補足が足りないことに気が付いたりします。

そこで、書いた記事をすぐに公開せずに一旦寝かせるというと語弊があるかもしれませんけれど、書き終えた記事を少しの時間(数日)を置いて読み返してから公開するほうが、書いた直後に公開するよりも記事の質がアップする可能性が高くなるはずです。

WordPressの場合、下書きという機能があるんですけど書き上げて完成した直後の記事は、レビューにして保存しておき公開(投稿予約)する前にもう一回読み返すという使い方ができるのでお勧めの記事チェック方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です