ブログのアクセス数が増えないときは記事の量より質を重視すると良い

記事の数を優先また意識しながら毎日絶えず記事を更新していても、アクセス数が伸びることもなく横ばい、もしくは減り気味になり「何がだめなんだろう」と対処の仕方を考え込んで手が止まってしまうこともあるのでないでしょうか。

analytics

記事の数が増えているのにアクセス数が増加しない

記事の内容にもよりますが、何もないところから100記事や200記事と更新していく最初の過程では、記事数の増加によってそれなりにアクセス数が増えていくことだと思います。

しかし、記事の数を重視した運営をしていると、ある時からいくら記事を投稿してもアクセス数が増えない状態になるはずです。

更新記事の数より1つの記事の質を重視するほうが良い

アクセス数が増加しない要因は、いくつか考えられます。その1つとして考えられるのは、ユーザーの必要としている記事の内容が物足りなかったり、記事全般的に必要としない内容の記事が多いからだと思うんです。

その対策として量と質の両方追及できればいいんですが、両方を求めると負担が大きく実現不可能なので、記事の数重視から質重視へと転換していく必要があるのではないかと思います。

記事の質とは何か

通常、記事の質が高いというと、詳しくかつ専門性が高いうえに論理的な記述で素晴らしい記事のことだと思いますが、そのような記事の需要は少ないのが現実で、必要としているユーザーが少ない質の記事になります。

しかし、ここでいう質とは、読者にとって欲しい情報が書いてある記事のことであり、多くのユーザーにとって需要・価値のある記事という意味での質です。

例えでいうと、細かな数字を挙げて解説するニュースより、バラエティ色があり感情に訴えるニュースのほうが需要があり多くの人にとって需要を満たす質があるという感じでしょうか。

質の高い記事が必要な理由

アクセス数が増加しない要因には、記事の質以外にもいくつか考えられ、例えばタイトルや内部リンクなどのSEO対策などがあります。

ただし、タイトルやSEO対策はあくまでテクニックなので、それらの対策をすることによってアクセスが増えても、記事の質が悪ければページビューは増えずファンもつかないはずです。

そこで、一時的なアクセスではなく、アクセス数の増加に必要なリピーターとなるファンや増やす必要があり、そのためには質の高い記事が必要になると思うんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です