投稿にPHPコードのショートコードを挿入できるプラグイン「Shortcode Exec PHP」

「Shortcode Exec PHP」は、PHPで作成したコードを投稿にショートコードとして挿入できるプラグインです。

ダウンロードとインストール

管理画面のサイドバーにある「プラグイン」⇒「新規追加」ページを開いて「Shortcode Exec PHP」で検索すると表示されインストールできます。
ダウンロード:Shortcode Exec PHP

プラグインを有効化すると「設定」に「Shortcode Exec PHP」設定ページが追加されます。

Shortcode Exec PHPの設定

設定ページのOptionsにある「Add button to TinyMCE editor」にチェックを入れることで、投稿エディタに「Shortcode Exec PHP」ボタンが表示されるのでチェックを入れます。その他は使用に合わせて設定します。

設定ページの最初にある「Go to」に続くリンクはショートコードエディタへのリンクになります。

ShortcodeExecPHP1

Execute shortcodes in (sidebar) widgets:ウィジェットで実行可否
Execute shortcodes in excerpts:抜粋で実行可否
Execute shortcodes in comments:コメントで実行可否
Execute shortcodes in RSS feeds:RSSフィードで実行可否
Disable wpautop:エディタのテキスト整形の有効無効
Width of code box:ショートコードのエディタの横幅
Height of code box:ショートコードのエディタの高さ
Do not display code editor initially:設定ページでエディタを最初に表示するか?

ショートコードエディタについて

最初の[]の中にショートコード名を入力します。
Saveで保存、Textでウインドウが開いてテスト表示され、Revertでエディタ編集を戻し、Deleteは削除します。

ShortcodeExecPHP2

ショートコードの利用方法

設定ページにある「Add button to TinyMCE editor」にチェックを入れると投稿エディタに[]ボタンが追加されます。
ShortcodeExecPHP3

[]ボタンをクリックして開くと、プルダウンメニューにショートコードのリストが表示されるので選択して「Insert」をクリックすると挿入されます。
ShortcodeExecPHP4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です