需要があり鮮度が高い記事ほどアクセス数が増える

普段、WordPressの関する記事を主に書いていますが、Window8.1にしてからそれに関連するいくつかの記事を書いて公開したらアクセス数が増加し、その結果からすごく思ったことがあります。

analytics1

潜在需要がある事柄を記事にするとアクセス数が増える

WordPressよりもWindowの利用者のほうがはるかに多いので、Windowsに関する記事で需要と供給が合えばアクセスに結び付く可能性が高いんだということを改めて実感。

そのことから他の内容の記事でも、話題性・関心の高い事柄、また実際の需要が多いけれど、それに見合う記事がなければ、記事を作成して早く公開することでアクセスが見込める可能性が高いということになります。

アクセスするユーザーを増やす方法

私自身は、需用があると思うことでも記事にしないことも多々ありますが、アクセスの増加を目指すなら以下のことを念頭に記事を書いてみるのも良いと思います。

1.需要があるけれど供給が足りない記事を書く
2.早く公開するほどアクセスにつながる
3.その結果、サイトを認知してもらえる可能性が高い

ただし、記事の内容が良くなければアクセス数も減り、また記事の鮮度が時間とともに低下することによりアクセス数も減る可能性も高いので記事の質も重要になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です