Windows8.1で画面の文字が小さく見づらい件(解像度を変更する方法)

Windows8に変えてから画面の文字が小さくなり、そのうち慣れるだろうと思って使用していましたが慣れずに、只々、ものすごく目が疲れるだけでした。

そこで、Windows8.1(アップグレードしたので)でデフォルトのまま使用するのをやめて、もう少し文字などの表示を画面で大きくする設定にしたのでその方法について。

ディスプレイ解像度の変更方法

画面に表示される文字などを大きくするには、デスクトップ画面にして画面上で右クリックして「画面の解像度」を選択して「ディスプレイ表示の変更」を開きます。

またコントロールパネルを開いて「デスクトップのカスタマイズ」にある「画面の解像度の調整」をクリックして「ディスプレイ表示の変更」を開きます。

「解像度(R):」の横にあるプルダウンメニューをクリックして上下のスライドを好みの解像度にして「適用」ボタンをクリックします。

windows8_1_display1-2

「適用」を押した後、ディスプレイ設定が表示され「変更を維持する(K)」をクリックすると設定した解像度になります。

windows8_1_display4-1

テキストの大きさを変更する方法

ディスプレイ解像度を変更しないでテキストの大きさを変更することもできます。

「ディスプレイ表示の変更」にある「テキストやその他の項目の大きさの変更」をクリックすると「すべての項目のサイズを変更する」ページが開きます。

「小さくする」または「大きくする」をスライドさせて設定します。

windows8_1_display3

また、「すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する」にチェックを入れたあと、「小」「中」「大」にチェックを入れて調整することもできます。

windows8_1_display2-1

私の環境ですと解像度を変更することで、Google Analyticsのサイトの一部が崩れて表示されますが、他のサイトでは崩れて表示されないので、ほとんど影響ないと思います。

それと個人的な感想ですけど、解像度の変更をしたばかりのときは若干違和感がありましたが、次第に慣れてきました。また目を細め前のめりになってみていた画面で目の疲れが大きかったのが、解像度を下げたことで目が楽になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です