時間に余裕があるとやりたいことの広げてしまい全て中途半端になる可能性があること

スポンサードリンク

自由に使える時間があるって素晴らしい

時間に余裕があると心にゆとりもでき、普段考えないようなことをあれこれ考えたりすることができます。

このブログやサイト運営でいえば、サイトのアイデアもゆっくり深く考えることもできますし、記事でいえばもっと濃い内容の記事を書くこともできる可能性があります。

また普段時間に追われて頭の中で整理できていないこともありますが、そのようなことも考えたりして消化していくこともできます。

さらに何か新しいことをする準備をしたりチャレンジすることも可能で、人生を楽しむ時間もそれなりに確保することも考えられます。

時間に追われている足りないといった何かに追いつめられるような状態ではないので精神衛生上もすごく良いんです。

自由に使える時間がないことについて

自由に使える時間もなく時間に追われていると、ちょっとしたことでもイライラしたり腹が立ったりすることもあります。また切羽詰った状態が続くので精神面でゆとりがなくなります。

時間にゆとりがないので、取り組みたくても出来ないことが多く気持ちとして消化不良状態が続きます。

しかし、時間にゆとりがない分、人間の本能なのか、時間の使い方にシビアになるためか、時間にゆとりがある場合なら無駄に使っていた時間を効率よく使おうとして無駄が減ります。その分、休む時間が減りますけど。

無駄なことをする時間がないので、したいことやするべきことの中で取捨選択を考えていかないといけないときは、優先順位をつけてズバズバとやらないことは捨てていきますので、「あれして、これして」と毎日考える項目が少なく済みます。ただ、時間にゆとりがないことはわかりませんが。

ただし、複数の事に取り組むときは、頭の切り替えなどが必要になり、切り替えを毎日するのは結構大変なものなんですけど、何か一つに取り組むときは、他の事を考えずに済むので集中して物事に取り組みやすいです。

自由に使える時間が少ないと無駄を排除してスマートな生活を送れて、何かに取り組むときもできることは限られているので1つに絞って取り組むようになり集中して取り組むことができやすいんです。

自由だから気を付ける

自由に使える時間が少ないよりも多いほうが、何かに取り組むとしたら、使える時間が多いので増えれば増えた分だけ取り組むことができます。

しかし、自由な時間が増えると、どうしても「あれもこれも」となりがちになります。この「あれもこれも」を自由に使える時間が少ないときと同じように1つに絞って物事に取り組むと大きい成果を得られやすいのではないかと思うんです。

また、人間なので自由な時間があると、だらけてしまう時間が増えてしまいがちになります。テキパキ動いているのが、休みもテキパキとはいかずにダラーと過ごしてしまうようなことが、自由な時間が増えると同じような状態になりやすいです。

自由に使える時間があるからこそ、心に隙ができてしまう可能性がすごく高いんでしょう。

自由に使える時間が増えても、時間がないものと思って「あれもこれも」と欲張らず、また気持ちを律して何か1つに取り組むとことが成果を得るためには必要なんだろうと考えたという話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です