Adobeへの不正アクセスでIDとパスワード流出の件と英語のメールも見たほうがいいという話

ネットのニュースで不正アクセスによりAdobeからIDやパスワードが流出した可能性があるという記事を見て、私もアドビにユーザー登録していたのを思い出しました。

そのときは、自分のは漏れていないだろうと思っていたら数日前にAdobeから英語のメールが送られきまして、商品のお知らせかとおもつつ英語なんで読まずに削除しようと思ったのですが、ふとニュースのことが頭をよぎりメールを読んでみると「アクセスされた可能性がある」という内容が書かれていましてパスワードをリセットしたから再設定をしてくれと。

早速、メールからアドビのサイトにアクセスすると英語なんです。
しかし、日本語に切り替えできるようにリンクがあるので、すぐに切り替えてパスワードを再設定しなおしました。

普段、英語のメールがあると読まずに削除していますけど、見出しや差出人をみて英語のメールも場合によりよく読んでみないといけないんだな~と思った次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です