Windows8でログイン後の表示を標準でデスクトップにする方法

Windows8のログイン時の初期画面は「スタート」画面で、それをデスクトップ画面にするには、毎回マウスを動かして設定するとなると面倒です。

そこで、ログインした時に始めからデスクトップが表示されるようにするには、画面の右隅にマウスカーソルを持っていき表示される「設定」をクリックして「コントロールパネル」をクリックします・・・・・

設定する場所を長い文章で書くより、簡潔に書いたほうがわかりやすいと思うので下に書きます。

デスクトップを設定する流れ

「設定」⇒「コントロールパネル」⇒「デスクトップのカスタマイズ」⇒「タスクバーとナビゲーション」⇒「ナビゲーションのプロパティ」と移動します。

desktop2

「ナビゲーションのプロパティ」をクリックすると「タスク バーとナビゲーションのプロパティ」が表示され「ナビゲーション」タブにある「スタート画面」の「サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップに移動する(D)」にチェックを入れて「適用」ボタンを押します。

desktop

これでログイン時にはデスクトップが表示されるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です