セキュリティーソフト「ESET パーソナル セキュリティ」の導入方法がわかりづらい

OSをWindows8にするのを機にセキュリティーソフトに何を使うか迷った末に、キャンペーン期間中に買うと有効期限3年間もあり、また軽快に動くと評価がある「ESET」を購入しました。

そのESETなんですが、インストールをして利用できるまでがかなり分かりづらかったのでメモします。

サイト:ESET

購入とインストール

個人で一台で使用するので、サイトより「ESET PERSONAL SECURITY」を選択して、ダウンロードするために別会社の購入サイトに移動。

購入するためのショップでESETを購入後、ダウンロードサイトが記載されたメールが届き、そこからソフトウェア本体をダウンロード(セット)するためのインストーラーソフトをダウンロードして起動するとソフトウェア本体を(ダウンロードしながら)インストールします。

買った商品と名前が変わるので混乱しますが、パソコンで使用する場合、インストールされたESETに表示される名前は「ESET Smart Security」となります。

ユーザー登録に気を付けよう

ESETのすべての機能を利用するためには、アクティベーションと呼ばれる認証をする必要があり、ユーザー登録が必要になります。

私の場合、インストール終えたあとに別途サイトでユーザー登録をしようと試みたのですが、なぜかサイトで登録ができませんでした。なので、再度インストールをしなおしてインストール過程で表示される「ユーザー登録を行ってください」画面で「ユーザー登録の開始」をクリックしてユーザー登録のウェブページを表示して登録をすると無事に登録できました。

ESET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です