新しいパソコン(Windows8)を購入した

WindowsXPのサポート終了も視野に入り、また利用していたメインのパソコンもアプリケーションなどの処理能力の遅さに加え、約10年近くの使用でパソコン自体にエラーが出てきたこともあり、もうそろそろWindows8.1も出るということで思い切って新しいパソコンを購入しました。

パソコンの購入

新しいパソコンを購入するにあたり、性能はどうするか、何に使うのか、価格と予算はどのくらいにするか、またどのメーカーのパソコンを買うかなど購入にあたりいくつか考えて購入しました。

パソコンの性能・機能

パソコンの性能については、今まで使用していたメインのパソコンが約10年も前のものなので、今のパソコンの性能に心配はなかったのですが、古いOSより新しいOSはメモリを食うのがセオリーなので、またアプリケーションを多く使用することも考えて、4GBでは心もとないと思い8GBを目安にすることにしました。

冷却機能

パソコンなど家電製品の壊れる大きな原因と考えられるのは、埃と熱と水分です。
熱が逃げない、冷えないとエラーや故障しやすくなるので、そのあたりをカスタマイズ。

価格と予算

予算は、10万円以下で安ければ安いほど良いというスタンスでいたので、約10年使用したパソコンも大手ではなくBTO系のパソコンで特に問題なく長く使用できたこともあり、大手メーカー製品はやめて中小(BTO)系のパソコンにすることにしました。

個人的な考えですが、デルやエプソンなどのパソコンも購入して使用(していたこと)もしていますが、特段性能の違いがあるように思えません。大手とそれ以外(BTO系)の会社で性能を見比べてみると、同じような性能だとしても大手のほうが価格が高いと感じますが保障などサービス内容は大手が上だと思いますので、そのあたり迷いどころではあります。

※ただし、BTO系のパソコンの保証期間を長くしようとすると別途お金が必要になるので、保障を手厚くすると価格が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です