iKnowと英語学習全体の今後の取り組みについて考える

スポンサードリンク

ここ数ヶ月、英語学習をする時間がなく久しぶりにiKnowサイトを開いてみると新しいデザインになっていたのですが、見づらいので以前のデザインに戻しました。

ついでに、iKnowのオフィシャルコースを見ると「新カリキュラム・マップはこちらから」と表示されているのでページを開いてみると、「カリキュラム・マップ:あなたの診断結果」というページが表示され「Core 1000:ステップ1」を勧める文章が表示されています。

復習しなさいということなんでしょう・・・

new

現時点での英語力

現時点でiKnowで取り組んだコースのうち、英会話マスターコースは全部完了、TOEICやビジネスに趣味のコースも8割方終えていますが、英語が使えるかというと、単語力はついていると実感していますけれど、具体的に聴いたり話したり書いたり読んだりしようとするとできません。

これから取り組む英語学習

英語力をつけるためには、記憶への定着が重要だと思いますし、また使うとなると慣れ(経験)が必要になると思います。そのために英語学習全体として、どのような取り組みをしたら良いのか考えて以下の取り組みを計画しています。

【単語、フレーズの知識向上のためにすること】
・iKnowアプリの復習とDictationアプリに取り組む

【スピーキングとリスニング力アップのためにすること】
・iKnowアプリや書籍の例文の音声を聴き、声に出して発声する

【文章を書くために】
・中学レベルの英文法を再学習する

【慣れるために、使うために】
さらに、効果があるのかどうかわかりませんが、洋楽の歌詞が記憶に残りやすい経験から具体的な動きのある動画を使って学習をすると、頭に入りやすく記憶しやすいのではないかと思うので、映画やアニメなど動画を英語学習に取り入れてみようかなと考えています。

多読も考えていますが、時間がないのとまだそのレベルではないと思うので保留です。

今考えた学習方法を実際に取り組んでみて、どうだったのか数ヶ月か1年後になるかわかりませんが、結果を書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です